電話番号

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
水曜日

ノアザホーム株式会社>【広島市中区】不動産売却するならどこへ?失敗しない依頼先の選び方

【広島市中区】不動産売却するならどこへ?失敗しない依頼先の選び方

広島市中区の不動産売却でいい業者はこう選ぶ!

不動産売却を検討している方の中には、どのような不動産会社へ売却を依頼すべきか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。すべての不動産仲介会社が良心的で安心できるとは限らず、自分の目で本当に信頼できるかどうかを見極めることが大切です。

こちらでは、不動産仲介会社の特徴や信頼できる不動産仲介会社の選び方、売却時に準備しなければならない書類についてご紹介いたします。広島市中区で不動産売却をお考えの方は、ぜひご参考ください。

不動産仲介会社の選び方

不動産売却は個人間で取引を行うことも可能ですが、法的な業務が多くトラブルが発生する可能性もあるため、仲介会社にサポートを依頼するのがおすすめです。しかし、数多くの仲介会社があり、どこに依頼すべきかわからないという方も多いでしょう。こちらでは、仲介会社がどのようなサポートを行うのか、いい不動産仲介会社を選ぶポイントについて詳しく解説いたします。

広島市中区で信頼できる不動産仲介会社をお探しの方は、ぜひご参考ください。

売却依頼ができる不動産会社とは?

不動産売却について説明をする男性

広島市中区で不動産仲介会社への依頼を検討している方もいらっしゃるでしょう。仲介会社へ依頼すると仲介手数料が発生しますが、不動産売却に関して様々なサポートが受けられます。こちらでは、そもそも仲介会社とは何か、どのような業務を行っているのかについて詳しくご紹介いたします。

仲介会社とは?

不動産売買は、売主と買主がいて成り立ちます。もちろん個人間で売買を行うこともできますが、様々な書類の準備や手続きなどがあり、トラブルも起こりやすいです。そこで、双方の間に立って契約を行うためのサポートを行うのが不動産仲介会社なのです。

例えば、売主が「戸建てを売却したい」と考えたとき、物件の査定を行い金額設定について助言をしたり、自社のネットワークやシステムなどの媒体を活用したりして、幅広いターゲットに物件をアピールする手助けを行います。

また、買主が「中古の戸建てを探している」など物件の購入を検討している場合は、条件にマッチした家を紹介したり、物件の内覧の日程を取り決めたり、実際に現地へ赴いて直接案内したりするといった業務を行います。

仲介会社が入ることで、売主と買主は物件の売買における行動や手続きをスムーズに行うことが可能となるのです。

書類の作成や手続きのサポートを行う

不動産売買では、売買契約におけるトラブルを防ぐために書面でのやり取りが多くなります。不動産仲介会社には宅地建物取引士といって不動産売買のプロが存在し、専門知識を活かして書類の作成や複雑な手続きのサポートをしっかりと行います。

売主と買主でトラブルがあった際に間に入る

不動産売買では売主と買主の間で、「言った、言わない」などといったトラブルも珍しくありません。万が一トラブルが起きた際には、不動産仲介会社が中立的な立場になって、問題の対処に当たるため安心です。

見極めポイント

POINTのロゴと人差し指

不動産売却を依頼する仲介会社選びで失敗しないための見極めポイントをご紹介いたします。

中心部にある

地域の中心部にある不動産仲介会社であれば、物件情報が豊富で、各地への連絡対応などもスピーディです。

免許の更新が2回以上

不動産仲介会社は宅地建物取引業の免許を有し、5年ごとに更新する必要があります。仲介会社を見る際には、更新回数が2回以上あるかどうかを確認しましょう。更新回数が多いほど、営業経験が長いことを表し、説明もわかりやすく安心して依頼をすることができます。

担当者の営業年数や過去5年間の実績

仲介会社を見極める際には、担当者の名刺やホームページを確認してみましょう。担当者のこれまでの営業年数や過去5年間にどれくらいの実績があるかもチェックしておくのがおすすめです。実績豊富な仲介会社ほど、これまでの経験をもとにしたよいアドバイスや提案が期待できます。

遅い時間まで営業している

日常生活を送りながら不動産売却を進めていくと、「仕事帰りに物件のことで相談をしたい」「家の内覧を夕方以降に予約したい」などのご要望もあるでしょう。そのようなときは遅い時間まで営業を行っている仲介会社だと安心です。

地域密着型である

地域密着型の仲介会社では、地元のネットワークを強みとして、大手の仲介会社にはない情報を得られる可能性があります。豊かな人脈で、内覧の日程調整や都合の調整などが必要な際にも融通がきき、対応もスムーズなのが魅力です。

相談や問い合わせをしやすいシステムを構築している

いい不動産仲介会社は、顧客が相談や問い合わせをしやすいシステムをホームページなどで構築しています。簡単な項目を入力することで無料査定ができるシステムや24時間問い合わせに対応するなど、顧客目線でサービス向上に取り組んでいる様子が伝わるかどうかもポイントです。

広島市中区で信頼できる不動産会社へ不動産売却を依頼したいとお考えでしたら、ぜひノアザホーム株式会社へお任せください。広島市中区にあるノアザホーム株式会社は、土地・建物の有効活用のご提案はもちろん、お客様のご要望に合った不動産売却のご提案もさせていただきます。大切な財産である不動産の売却だからこそ、安心して任せることができる不動産会社へ依頼することが大切です。

不動産会社に相談できることとは?

依頼をする不動産仲介会社が決まった後、「具体的に何を相談すべきかわからない」という方もいらっしゃるでしょう。相談内容がわからないという場合は、不動産売却の流れややり方をある程度理解することで疑問点が見えてきます。また、不動産売却では目を通す書類が多いため、重要事項の説明などでわからないことはその都度質問しながら、理解を深めていくことが大切です。

こちらでは、不動産仲介会社に聞くべき内容や用意する書類などについて解説いたします。広島市中区で不動産売却をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

何を聞くべき?

タブレットで不動産売却について説明をする男性

不動産売却において仲介会社へ聞くべき内容についてご紹介いたします。

査定額の根拠

まず、どのようにして査定額が算出されたのか、何を根拠とした金額なのかを確認しましょう。物件の状態や立地、建材の種類など様々な項目をもとに算出されますが、査定額の根拠を確認することで、信頼できる不動産会社かどうかを見極めるポイントにもなります。

また、査定額が高いからといって必ずしもいい不動産会社とは限りません。しっかりと根拠を確認することが大切です。

見学会の詳細

物件売却の際は、買主に実際に見てもらうための内覧や見学会を行います。実際に買主に物件をアピールする場になるため、いい印象を残せるよう掃除や片付けについてもあらかじめ不動産会社と打ち合わせをしておくと安心です。ハウスクリーニングの必要性についても確認しておきましょう。

売却理由をどう伝えるべきか迷っている場合は、いいアドバイスや言い回しについての提案も受けることができるでしょう。

販売方法

不動産仲介会社は、チラシや雑誌、インターネットなどを活用して物件の販売活動をサポートします。そのため個人で販売活動を行うよりも効率が上がり、様々な人の目に留まりやすく、販売活動がうまくいけばスピーディな成約につながるケースが多いです。事前にどのような媒介契約で販売活動をするのか確認しておきましょう。

不動産売却予定の時期

一般的に不動産売却開始から成約までは3ヶ月~半年ほどかかるといわれています。引っ越しの関係などでいつまでに売却したいという希望がある際は、前もって相談しておきましょう。その希望を目安に販売活動が行いやすくなります。

買取保証制度の有無

不動産売却の際には、「もしも物件が売れなかったら」という不安もあるでしょう。万が一物件が売れ残ってしまった場合でも、不動産仲介会社が買い取ってくれるのが買取保証制度です。依頼する業者が買取保証制度に対応しているかどうか、事前に確認しておくことが大切になります。

売却時に必要な書類

書類と間取り図

不動産売却に前もって準備すべき書類が複数あります。直前に慌てないためにも余裕をもって用意しておくと安心です。

法務局で発行の書類

・登記事項証明書または登記簿謄本

どちらも不動産所有者の権利に関する事項や、登記の受付日などについて記載のある証明書です。

・登記識別情報

登記名義人と不動産所有者が同じ人物であることを証明する重要な書類で、12桁の英数字で構成された識別番号が記載されています。紛失してしまうと再発行が難しいため、大切に保管しておくことが大切です。また、番号が不正に利用されないよう厳重に管理しておきましょう。

市役所で発行の書類

・建築確認済証・検査済証

戸建て物件を売却する際、物件が建築基準法をもとに建てられており、定められた検査をクリアした建物であることを証明する書類です。確認済証の「建築確認番号」や取得年月日、検査済証の「検査済証番号」や取得年月日は売却時の重要事項説明で使用します。

・固定資産税 納税通知書・評価証明書

所有者権移転登記で登録免許税が発生します。その際、税額を割り出すために固定資産税の納税通知書を使用します。

・印鑑証明書

所有権移転登記の際に印鑑証明書を使用します。3ヶ月以内のものを使用する必要があるため、いつ頃受け取るべきか仲介会社へ確認しておくとよいでしょう。印鑑証明書は、所有権移転登記をする際に必要です。

不動産仲介業者で用意できる書類

・図面・設備仕様書

建物の図面や建物内の設備について記載した設備仕様書は、買主が実際に確認する書類になります。不動産仲介会社へ問い合わせることで入手できる書類です。

・購入時の売買契約書・重要事項説明書

売主と買主の間でトラブルを防止するために、売主が物件を購入した際の売買契約書や重要事項説明書が必要となります。

専門業者で用意できる書類

・土地測量図・境界確認書

土地の面積や隣地との境界線を明確に示した書類です。土地の境界線については近隣住民とトラブルになりやすいため、これらの書類が必要となります。手元にない場合はあらためて測量しておきましょう。

広島市中区で不動産売却をお考えなら、一人ひとりのお客様に寄り添った対応を心がけているノアザホーム株式会社へお任せください。地域密着型の不動産会社として、広島市中区を中心に広島市内での不動産売買をサポートいたします。なるべく早く売りたい、少しでも高く売りたいなど、ご希望があれば何でもご相談ください。

広島市中区で不動産売却の仲介依頼や相談をするならノアザホーム株式会社へ

フロアの案内図

不動産仲介会社に査定を依頼する際や相談をする際には、担当者の対応が誠実かどうかを確認しましょう。不動産売却は人生で何度も経験することではないため、信頼できる不動産会社を見極めることが大切です。

広島市中区で不動産売却をサポートしているノアザホーム株式会社は、創業以来地元の皆様に寄り添った親切丁寧な対応を心がけております。広島市中区を中心に広島市内の豊富なネットワークで、権利関係が複雑で売りにくい不動産や大手では断られてしまった物件にも対応いたします。まずはお気軽にご相談ください。

広島市で不動産売却の仲介依頼・相談ならノアザホーム株式会社

会社名 ノアザホーム株式会社
代表者名 砂川 太一
所在地 〒730-0813
広島県広島市中区住吉町1-5
電話番号 0822070026
FAX 0822070053
メールアドレス home@noaza.co.jp
フリーダイヤル 0120107507
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
事業内容 不動産売買 リフォーム工事業
免許番号 広島県知事 (1) 第010969号
加盟団体 (公社)全日本不動産協会会員
不動産公正取引協議会加盟
取引銀行 広島銀行 広島市信用組合 愛媛銀行
資本金 500万
URL https://www.noazahome.com/
  • 会社画像
  • 会社画像
  • 会社画像

画像をクリックして拡大表示虫眼鏡

  • スタッフ紹介
  • コラム
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    ノアザホーム株式会社
    • 〒730-0051
    • 広島県広島市中区大手町5丁目1-1
      大手町ファーストビル 5F
    • 0120107507
    • TEL/0822070026
    • FAX/0822070053
    • 広島県知事 (1) 第010969号
  • 更新物件情報

    2021-10-24
    安佐南区山本新町2丁目の情報を更新しました。
    2021-10-24
    トーカンマンション山根町センターウィングの情報を更新しました。
    2021-10-24
    パークハイム美鈴が丘・リノベマンションの情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐北区亀山5丁目の情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐北区落合2丁目AIスマートホームNo.2の情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐北区三入7丁目の情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐南区祇園5丁目の情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐北区落合2丁目No.Aの情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐南区八木3丁目No.Bの情報を更新しました。
    2021-10-24
    安佐南区八木3丁目No.Aの情報を更新しました。
  • 売却査定
  • QRコード
  • ノアザホームでご紹介できる物件数
  • 信頼できる不動産屋さん認定 イクラ不動産
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る