電話番号

営業時間:
10:00~19:00
定休日:
水曜日

ノアザホーム株式会社>【広島市中区】不動産買取のメリットとコツ!建物付きと更地はどっちがいい?

【広島市中区】不動産買取のメリットとコツ!建物付きと更地はどっちがいい?

広島市中区の不動産買取は信頼できる不動産会社へ

不動産会社へ土地の買取を依頼する際、できるだけ高く買い取ってくれるところを選びたいものです。しかし、大切な財産である土地を買取で売却してもいいのか、古い一戸建てはどうしたらいいのかと悩むことも多いでしょう。買取価格は古屋付きと更地では異なるため、お客様の状況やニーズに合わせて決めることが大切です。

こちらでは、不動産会社へ土地買取を依頼するメリットやコツ、一戸建て付きの土地と更地それぞれのメリット・デメリットをご紹介いたします。

広島市中区で不動産買取をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

不動産会社に土地を買い取ってもらう際のコツ

土地を売却する際、不動産買取と仲介の2つの方法があります。不動産買取は不動産会社が直接買い取る方法、仲介は不動産会社を通して個人へ売却する方法です。それぞれの売却方法にはメリット・デメリットがあるため、ご自身のご要望や土地の状況に応じて売却方法を選ぶことが大切です。

こちらでは、不動産買取のメリットと高く売却するコツをご紹介いたします。ノアザホーム株式会社は広島市中区を中心に広島市内の不動産買取をサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。

不動産会社に買取を依頼するメリット

MERITと書かれた木の箱

土地の不動産買取を選ぶ際のメリットとして、以下のことが挙げられます。

売却できるまでの期間が短い

不動産買取の場合、不動産会社が提示した金額で売却します。仲介のように金額を設定した上で別途買い手を見つける必要がありません。

新たに買主を探す期間が不要なため、売却までの期間が短くなります。あくまで目安ではありますが、仲介で買主を探す場合の期間は早くても3ヶ月~半年ほど、不動産買取なら早ければ1ヶ月程度で完了します。

不動産会社と合意できればすぐに買取手続きを進めることができるため、売却完了までの期間を短くしたい方におすすめです。引渡しとほぼ同時に決済が行われるので、代金を受け取るタイミングも仲介に比べて早くなります。引っ越しなどにより決まった期日までに手放さなければならない場合や、買い替えのため先に資金を手にしたい方にも適しています。

仲介手数料が発生しない

買取は不動産会社へ直接売却するため、仲介手数料が不要です。ただし、不動産買取であっても、別の不動産会社が間に入るケースもあります。この場合は仲介手数料が発生する可能性があるため、買取を行っている不動産会社に直接買取を依頼しましょう。

売りに出している事実が知られにくい

仲介による不動産売却では、基本的に広告などで宣伝を行い買主を探すことになります。そのため、ご近所や知り合いに不動産を売りに出していることが知られてしまうのです。しかし、不動産買取では一般的な消費者に対して宣伝する必要がないため、周囲に売りに出していることを知られずに済みます。

仲介で売れにくい不動産も買取可能

仲介で不動産売却をする場合、土地そのものの状態や周囲環境によってはなかなか売れないことがあります。例えば、土地の形状が整形地ではない、高低差が大きい、駅から遠い、境界があいまいになっている、などのケースは買主が見つかりにくいでしょう。隣接している道路が狭く出入りがしづらい、市街化調整区域に指定されている場合も買主が見つかりにくい傾向にあります。このような特徴の不動産を売却する際は、不動産買取が適している可能性があります。

高く売るには?

POINTと書かれた木の箱と積み重なったコイン

少しでも高く売却するポイントとしては主に3つあります。

値上がりの傾向があるタイミングで売却する

土地は時期によって価格が変動します。そのため売却を急がないのであれば、周辺地域の平均売却価格をチェックして、値上がりしてきたタイミングを狙って売却するという方法がおすすめです。

土地の価格は毎年国が調査しており、厚生労働省のホームページから調べられる地価公示価格を参考にしましょう。前年よりも価格が上がっているなら、上昇傾向にあると考えられます。

古い建物がある場合は取り壊しも検討を

土地や地域の条件によって変動しますが、一般的に古い建物が建っている場合は、取り壊して更地で売却すると価格が高くなる傾向にあります。

例えば、一戸建ては20年経過で古家となってしまい、建築時の価値よりも半分以上に下がってしまいます。30年を経過するとその価値はゼロに近くなってしまうのです。

買主がその建物を利用するならよいのですが、不要となると土地購入後に解体しなければなりません。このように税金や解体費用などの余計な費用が生じる可能性があるため、古い建物があると高価で売れにくくなるのです。

ただし、古い家でもリノベーションすれば魅力を引き出せるケースもあるので、迷ったらまずは不動産会社へ相談することをおすすめします。

地域の不動産売買に精通している不動産会社に依頼する

地元の不動産会社であれば、不動産を高い価格で買取してもらえる可能性があります。それは様々な土地の活用方法を知っているためです。

その地域に詳しい不動産会社であれば、どの辺りでどのような土地の需要が高いか、その土地ならどのような用途が考えられるかなどを知っているでしょう。多くの活用方法が見い出せる土地であれば、高く売却できる可能性があります。

広島市中区の不動産事情に詳しい不動産会社をお探しなら、ノアザホーム株式会社へお任せください。地元密着型の不動産会社として、広島市中区の不動産買取に対応いたします。無料査定のお申し込みは24時間受け付けています。

一戸建ては更地にしてから売るべき?

不動産買取を依頼する際、古い住宅なら取り壊しも検討することが大切です。しかし、建物の解体には高額な費用がかかるだけでなく、思い出の詰まった建物はなかなか解体の決断ができません。

こちらでは、家を壊さない場合のメリットとデメリット、判断のポイントをご紹介いたします。広島市中区で不動産買取をご検討中の方は、ぜひご参考ください。

家付きと更地のメリット・デメリット

草むらに置かれた家の模型

一戸建てなどの家付きの土地と更地の状態で売却した場合のメリットとデメリットをご紹介いたします。

一戸建てなどの家付き土地のメリット・デメリット

まず解体費用がかからないというメリットがあります。状況によっても変動しますが、木造の場合の解体費用は、目安として20坪当たり90万円前後です。ブロック塀や樹木などがあれば追加費用が加算されます。更地での売却価格が家付きでの売却価格を上回り、取り壊し費用を十分に賄えるのであれば古い家を取り壊す方がよいでしょう。

しかし、注意すべきなのが不動産買取での価格です。不動産買取は市場価格の6~8割程度といわれており、仲介で売却するよりも価格が下がってしまう傾向にあります。解体費用をかけて更地にしても大きな金額が加算されるとは限らないのです。

また、建物が残っている土地については、固定資産税が安くなるというメリットもあります。家が建っていることで居住用家屋の敷地(住宅用地)と見なすことができ、「住宅用地の特例(軽減措置)」が適用されるのです。

固定資産税の起算日は1月1日となっており、この日に不動産登記をしている所有者に納税の義務が生じます。仲介か買取かで迷っていて起算日を超えてしまいそうな場合は、建物を残しておくと節税対策になるでしょう。

古家を壊さないメリット・デメリット

所有者としては買い手がつかないだろうと考えている古家でも、実はニーズがある場合があります。現状のまま住みたいと考える方や、一部自分好みにリフォームして住みたいと思う方も一定数いるのです。

また、売却したい土地の条件が再建築不可物件の場合も、更地にしない方がよいでしょう。取り壊してしまうと再度別の建物を建築できなくなるため注意が必要です。建築できない場合は土地の活用方法が限られてしまい、売却価格が下がってしまう可能があります。再建築不可物件であっても家のリフォームなら可能な場合は、自分でリフォームしたい買主を探してみるとよいでしょう。

判断ポイントは?

年季の入った一戸建て

売却予定の土地を更地にするかどうか迷ったら、不動産会社へ相談するのがおすすめです。しかし、ご自身でもある程度の基準を目安に判断することができます。

建築より22年を経過していない

木造住宅の耐用年数は22年と定められています。そのため22年未満であれば、居住できる住宅として見なされ、それ相応の価値が生じます。ただし、20年を超えたあたりから建物の価値はほぼなくなり、30年を経過すると土地価格のみで取引されるのが一般的です。

また、一戸建ての価値が下がるペースは一定ではありません。築10年で新築時の半分ほどに減少し、築15年で2割ほどまで大きく下落します。しかしその後、築25年ほどまでは下がり方がゆるやかになります。築浅住宅であれば、家付きの土地として売却した方がよいでしょう。

古民家としての需要があるか

古民家とは、一般的に建築から50年以上経過している住宅を指します。宿泊施設や飲食店へと活用されることが多く、広島市中区でも観光振興の一環として行政が古民家を回収する事例もあります。

ただし、築50年以上の家を古民家付きの土地として売り出すには、耐震や火災の対策、腐食や傷みの修繕など、リフォームやリノベーションが必要となるでしょう。ご自身でリフォームやリノベーションを行うのが難しいという場合は、不動産買取を依頼するのがおすすめです。不動産会社は買取をしてから売り出す間に、自社でリフォームなどを行います。

住宅内に状態のよい家具が残っている

基本的に住宅内部に家具などが残留していると、査定はマイナスに働くのが一般的です。しかし家具によっては、別途収益につなげられるかもしれません。ただし、そのまま使えるような状態のよい家具であり、個別に売却が可能であることが条件です。

住宅の解体時に比較的新しめの家電などを破棄してしまうケースも見られますが、このような家電は売却できることも多いのです。高額買取のチャンスを逃すだけでなく、解体業者が産業廃棄物として処分することになるため、余計な費用がかかってしまう可能性があります。

広島市中区で不動産買取を行うノアザホーム株式会社は、権利関係が複雑で売りにくい土地や大手に断られてしまった土地の買取相談にも対応いたします。一戸建て付きで売却すべきか、更地にして売却すべきか迷っている場合も、お気軽にご相談ください。広島市中区を中心に、広島市全域からのご相談・ご依頼をお待ちしております。

広島市中区の一戸建てや土地を早期に売却するなら不動産買取へ

ノアザホーム株式会社のロゴ

土地を売却する場合、不動産買取であれば一般的な買い手の需要を強く意識する必要はないため、買い手がつきにくい土地でも比較的早期に売却することが可能です。古い一戸建てがある土地でも不動産買取は可能ですが、査定額が下がってしまう場合は更地にして売却することも検討しましょう。

広島市中区で古家付きの土地売却をご検討中なら、ぜひノアザホーム株式会社に査定をご依頼ください。豊富な買取ネットワークを持っている売却専門のスタッフが丁寧に査定を行い、お客様のご希望に沿ったご提案をさせていただきます。権利関係が複雑で売りにくい不動産や、大手では断られてしまった広島市中区の土地売却は、お気軽にご相談ください。

広島市で土地・一戸建てなどの不動産買取ならノアザホーム株式会社

会社名 ノアザホーム株式会社
代表者名 砂川 太一
所在地 〒730-0813
広島県広島市中区住吉町1-5
電話番号 0822070026
FAX 0822070053
メールアドレス home@noaza.co.jp
フリーダイヤル 0120107507
営業時間 10:00~19:00
定休日 水曜日
事業内容 不動産売買 リフォーム工事業
免許番号 広島県知事 (1) 第010969号
加盟団体 (公社)全日本不動産協会会員
不動産公正取引協議会加盟
取引銀行 広島銀行 広島市信用組合 愛媛銀行
資本金 500万
URL https://www.noazahome.com/
  • 会社画像
  • 会社画像
  • 会社画像

画像をクリックして拡大表示虫眼鏡

  • スタッフ紹介
  • コラム
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • お問い合わせ
  • 会社概要

    会社概要
    ノアザホーム株式会社
    • 〒730-0051
    • 広島県広島市中区大手町5丁目1-1
      大手町ファーストビル 5F
    • 0120107507
    • TEL/0822070026
    • FAX/0822070053
    • 広島県知事 (1) 第010969号
  • 更新物件情報

    2021-12-03
    佐伯区千同2丁目の情報を更新しました。
    2021-12-03
    ダイアパレス庚午中・リノベマンションの情報を更新しました。
    2021-12-03
    安佐南区東野2丁目・建築後未入居の情報を更新しました。
    2021-12-03
    安佐北区口田南9丁目の情報を更新しました。
    2021-12-03
    ライオンズマンション牛田東・リノベマンションの情報を更新しました。
    2021-12-03
    廿日市市地御前3丁目の情報を更新しました。
    2021-12-03
    ルル―ディア府中町本町4丁目の情報を更新しました。
    2021-12-03
    安芸郡海田町三迫1丁目の情報を更新しました。
    2021-12-03
    廿日市市丸石1丁目No.2の情報を更新しました。
    2021-12-03
    廿日市市丸石1丁目No.1の情報を更新しました。
  • 売却査定
  • QRコード
  • ノアザホームでご紹介できる物件数
  • 信頼できる不動産屋さん認定 イクラ不動産
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る